要求分析とヒアリング

情報システムを構築する際、まずはじめにするのは利用者の要求を分析することである。
これは要求分析といったり、要件定義といったりしている工程である。

ここで使う技法として「ヒアリング」があるが、えてして「顧客からのヒアリング」「要求の文書化」「顧客を交えた要求の確認」で終わることが多い。
お客様の要求を聞きだし、文書化するのは単なるヒアリングでしかない。

「分析とヒアリングは違う」と言っても理解できる技術者は少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です