失敗の定義

ベガルタ仙台の監督がまたまた交代。
これで4年連続となるが、「こんなことなら、前の監督を交代しない方が良かった」という声が聞こえるのも4年連続???

詳しいことはサッカーの専門家に任せるにしても、どうも「失敗の定義」が出来ていない模様。
「J1昇格」という成功目標だけは持っているが、どこまでなら許容できて、どうなれば失敗かが定義できていない。
プロジェクトマネージメントででも同じことが言えるのだが、成功の定義だけではなく、失敗の定義も必要である。また、成功でも失敗でもないが、これだけは守らなければならないこと(たとえば、成績に関係なく人材育成、能力開発を行うなど)も定義しなければならない。

そういう定義がなく、
     あまりうまくゆかないの=プロジェクトの失敗=責任者の責任問題
というようなことをしていると、何も得るものがなくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です