プロジェクトの目的と管理(1)

「このプロジェクトが目指すものは?」という問うと、「業務の効率化」、「信頼性の向上」などなど、QCD(品質・コスト・納期)に関した答えが返ってくることが多い。
確かにシステムを構築する際にQCDは切り離せないし、そういう答えが誤りではない。
しかし、企業であるならば、最終的に目指すものはValueであることを忘れてはならない。QCDはゴールではなく、最終ゴールであるValueを実現させるための目標のひとつでしかない。

プロジェクトマネージャーの役目は、「プロジェクトを無事に遂行させること」であるが、そのプロジェクトを遂行することは経営に直結するValueを実現するということを忘れてはならない。
ここで、より全社レベルでの視点を持ってプロジェクト運営しているのがPMO、現場のプロジェクト運営寄りの視点でプロジェクト運営しているのがプロジェクトマネージャというわけである。

なお、Value=金銭的価値であるとは限らないが、今後は話を判りやすくするためにValue=利益として話を進めたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です