高度技術者の育て方

ITSSのプロフェッショナル育成や、上級SE・管理者の育成ではワークショップ形式を多用しているが、こういうところでは80点~100点満点の回答を出来る人が多い。でも、実際の現場に目を転ずると、そういう判断を出来る管理者・プロマネ・SEは決して多くない。

この差はなんだろうとずっと考えてた。
どうすれば本当のプロを育成できるのだろうか、研修でしか模範解答を示せないSEを育成するにはどうすればよいのだろうかと....

まだどういう教育にするかは結論が出ていないが....
文章問題であれば誰もが正しい回答を導き出せるが、現実の世界に存在するバックボーンの認識力に違いがあるのだろうなという気がしている。

となると、やはりOJTの比重が大きいのか。もう少し研究してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です