e-taxへの道のり(その1)

現在、e-taxに向けて準備をしているところです。お仕事で税務署の方にもお世話になっているし、ITを売り物にしている以上、実験的に取り組んでみたいという好奇心もあるし...

電子認証

まず、第一歩は役場に行って住基カードをつくり、電子認証を受けるのだが、これが意外と簡単。窓口での指示に従い、写真を撮ったり、パスワードを入力したりで、特に専門知識も使わずに30分ほどで出来上がり。帰りに「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」なるCD-ROMを頂き、「なんだ、簡単」...というのは誤解だと気付くのは数日後。

公的個人認証サービス利用者クライアントのインストールは?

e-taxのホームページでは「1.電子証明書を取得」→「2.開始届けを提出」となっているが、どこにも「公的個人認証サービス利用者クライアントソフトをインストールしろ」とは書いていない。不思議に思ってよく読みなおしたら、e-taxのページから公的個人認証サービスのページにジャンプすると、そちらの方でインストールの話が出ている。ちょっと、これでは分かりづらい。

公的個人認証サービス利用者クライアントにはJavaも必要

で、次に行うのは、「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」のインストールだが、これは前提としてJREのインストールが必要。私は既にJAVA6をインストール済みなので対処不要だったが、ここもJREとかJAVAとか説明が分かりにくく、ITに詳しくない人には良くわからないところ。

で、自分は上手く行ったかというと...

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です