ホームページの運営費用を削減

ある企業さんから「ホームページの維持費が数万/月で、費用負担が大きい」というお話があり、ホームページの移行作業を行っている。

一通りのデータ移行、新サイトの動作確認も終え、今日はDNSを新しいサイトに書き換える作業に取り掛かった。

「DNSを書き換える前に、古いサイトの最終データを吸い上げようか」と思い、FTPでアクセスしたところデータが読み取れない。

古いサーバはまだ契約期間内なのに、どうやらFTPアクセスを制限したようである。

ここ数日のアクセスログが取得できなかったが、すでに必要なデータはとってあるので移行作業に支障はない。時間的な余裕もないのでログ吸い上げは諦めたが、こういう態度はいただけない。

ホームページの黎明期ではサーバ費用の負担が大きく、維持費に数万/月という事例も多くみられた。

が、今やサーバの運営費用は非常に安くなり、安いものでは月額数百円というサーバも存在する。

保守料とか、維持費とか名前を変えながら、いまだに当時の高額な運営費用を支払い続けている事例は多い。

「ちょっと高いかな?」と思ったら、費用の内訳を確認したり、他業者と比較してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です