商店街の活性化~「たった三年」なのか

商店街の活性化に関して最近話題になっているのが宮崎県日南市の事例です。

たった3年でシャッター商店街再生! 市民の熱量を生み出し、戦略的にまちを変えていく、宮崎県日南市「地域再生請負人」の仕掛け | greenz.jp

この記事を読むと、4年間という期限付きで外部から招へいされた方が商店街活性化のエンジンとなったようです。

この記事は「たった三年~」となっていますが、商店街の支援に関与している立場としては、「たった三年で変革した」というよりも、「ここまでやっても三年を要する」という印象です。

 

商店街の活性化に取り組む場合、取り扱う「商品」や「販売促進」というマーケティング手法もさることながら、そこに属する店舗がどのようにして一体感を出すか、どのような協力体制を構築できるかという人的なつながりが大きなポイントになります。

その点から見て、その中核となる人材を外部から招へいし、その人がエンジンとなって活性化を進めるというのは理にかなった手法と言えます。

が、ここまでやっても、活性化には三年を要するのです。

公的な支援等で商店街支援を依頼されることも多いのですが、その多くが「年に3~4回の支援で活性化の方針を策定する」とか、「ブレーンストーミングで意見をあつめて、その結果を報告書にまとめる」というものです。

これでは支援終了後に成果物は残るものの、人的ネットワークの構築や能動的に活動できる体制の構築等には手が回りません。

このような事例が出てくると、「同じようなイベントを開催して活性化しよう」という安直な支援が増えるのですが、やはり日南市の成功要因は「商店街内外のつながりを強化することに注力できる人材を配置した」ことに間違いありません。

私の経験でも、複数事業を組みあわせて2年間・10数回の支援をした商店街が、四年目にしてやっと自発的に動きだす動きが出始めたという事がありました。地域コミュニティのあり方や、人間関係も関係してくるので商店街活性化にはある程度の時間が必要になると感じています。

日南市のように専任者を置くというのはどこでもできることではないのですが、「専任者が張り付いて三年」で出来たことを、「専任者を置かなくても、三年程度で活性化する手法」を編み出すことが支援側に課せられた宿題です。

 

関連情報:

中小企業庁:「はばたく中小企業・小規模事業者300社」・「はばたく商店街30選」2016

「がんばる中小企業・小規模事業者300社」及び「がんばる商店街30選」を選定しました(METI/経済産業省)

 

コンセプトを持つこと、伝えることの大切さ~羽黒高校訪問記

2016haguro 先日、山形県の羽黒高校を訪問しました。仕事ではなく、中学生の次男をソフトテニス部の練習に混ぜていただくのが目的です。羽黒高校ソフトテニス部と言えば全国大会でも上位に進出する強豪校です。次男のレベルでは厳しいところなのですが、中学校の部活だけでは視野が狭くなりがちなので、「技術面だけでなく、部の運営という点でも高いレベルを体験させたい、視野を広げさせたい」という思いから練習に参加させていただきました。

新年度が始まったばかりで顧問の先生も忙しく朝は不在でしたが、駐車場に到着した早々、部員の方に出迎えていただきました。簡単な挨拶をして次男をお渡ししたのですが、キャプテンだけが私のところに残っています。「遠いところ、お疲れ様です」と切り出したので世間話かと思いきや、「それでは、まず初めに羽黒高校についてご紹介させていただきます。」ということで羽黒高校ソフトテニス部に関する話が始まりました。

そこで伺ったのは、「自分たちは日本一を目標にしている」、「今日は先生が不在だが、そういう事に左右されることなく目標を持って練習に取り組むよう意識している」、「当日の練習メニューと、ゲームに多くの時間を割いている理由」についてです。そして、最後に「練習を見るのであれば、こういうところも見ていただければと思います」という話で締められました。最初は普通に聞いていましたが、途中からは帽子を取って直立不動で話を伺いました。いや、練習内容以前に、これだけでも感動モノでした。

後で顧問の先生に伺ったところ、「言っている割に実践できていないことがある」という評価がありましたが、私の目から見ても物足りない点はあります。が、それは、彼らの立てた目標・コンセプトを聞いて、それを大前提にしているからこそ、「ここを改善した方が良い」、「こんなことも出来るのでは」という目で見ているからに他なりません。

「目標を立てて、それを達成するための行動指標を持ち、明確な練習方針のもとで練習に取り組む」...目標を掲げながらも現時点ではできていないこともあるようですが、日本一という明確な目標に向かって自分たちで考え、工夫し、改善してゆくという立派なマネジメントサイクルが自然と作り上げられています。ドラッガーの考え方を踏襲しているのは野球部の女子マネージャーだけではないようです。

こういう仕組みが出来上がっていることは素晴らしいことですが、それ以外に着目するポイントがもう一つ。それは、「この話を何故、私に伝えたのか」という点です。今回の私の立場は学校関係者でもなく、見ず知らずの中学生の保護者でしかないのです。「何故、そこまで説明したか」までは聞かなかったのですが、「指示されたメニューをこなすことが練習」なのではなく、「目標を持ち、それを達成する方法を考えて、取り組むことが練習」という高い意識で取り組んでいたからなのではないかと考えています。

経営においても「経営理念を立てる」、「事業コンセプトを策定する」ことは重要です。業績を上げるためには日々のセールストークやチラシの書き方、どうすればモノが売れるかという販売促進の手法などに目が行きがちなのですが、それ以前に組織としてのビジョンを持つこと、ミッションやバリュ―を明確にすることが大切です。そして、それを社員に伝え、共有しなければなりません。そうは言っても、方針を立てたり、計画を立案するということに気が回らない企業、日々の業務に追われてその日の仕事を終わらせることが目的になっている企業も多いのが現実です。が、彼らは高校生でありながら本気で日本一を目指す中で、企業経営の見本になるような組織運営に取り組んでいるようです。羽黒高校ソフトテニス部のこれからの躍進に期待したいと思います。

 

モーニングコーヒーを楽しむまでの作業改善

この時期、補助金申請のお手伝いが多いので、外出せずに自宅作業の時間が増えてくる。外出しないとなると気になるのが身の回りの5S、特に掃除・整理・整頓である。

ニュースをみて、新聞をみて、ネットのニュースを見ながら「あさが来た」をみて、「あさイチ」が始まったところで掃除をして、全て終わったところでコーヒーを飲みながらメールのチェックをして....そこから仕事に着手するのが定番になってきたが、どうもこのながれでは仕事に着手するのが9時を超えてしまう。ということで、今日はこの一連の流れについて作業改善を実施。

体感的に勿体ないなと感じていたのは『コーヒー豆をひく時間』であるが、それ以外にもチョコチョコ無駄な操作が入っている。そこで直列化していた作業の並行化にに着手した。結論とすると、

  1. 掃除機をかけるのは朝ドラが始まる時間前とする
  2. 「あさが来た」の始まりにあわせてコーヒー豆をひく
  3. コーヒーを淹れ終わった後は、コーヒーが冷めるまでの数十秒の間に掃除の残り(モップ掛け)をする
  4. 「あさが来た」はコーヒーを飲みながら、新聞の残りの確認と、メールチェックも行う

という改善で朝の作業が30分改善。

コンサル的に言えば、「朝がきた」の開始・終了を基準に、作業を同期化させたという感じだろうか。まさにジャスト・イン・タイム(という程のものか?)。

 

まあ、「朝ドラを見なければいい」という根本的な話は置いておくとして、結構な改善が図られたわけである。

ちなみに、私の場合はコーヒー豆をひくのに時間がかかっているが、機械式にコーヒーミルと使えば作業効率化と言える。

更に、「インスタントコーヒーを用意する」というのは革新的な作業改善といえるわけだ。

1 2 3 10