IT導入補助金をどう活かすか?

平成28年の補正予算で成立したIT導入補助金、すでに第一次での約6800社に対して交付決定したようで、「第二次募集もあるというのに、だいぶ予算を使ってしまったな」という状態である。

同じく補正予算を使った「ものづくり補助金」、「小規模企業持続化補助金」では補助金が交付される中小企業の支援を行ってきたが、このIT導入補助金に関しては導入する中小企業以上に力を入れているのが、地場の中小ITベンダーへの支援である。

この補助金は従来の施策と異なり、ITベンダー側の事務負担が大きいこと、一定の条件を満たしたソフトウェア商品でなければ補助対象にならないなどの特徴がある。大手ITベンダーが販売する統合型のパッケージと比べべると、機能が限定されるソフトウェアを販売する小規模ITベンダーは、ややハードルが高くなる制度である。

すでに、「これは大手ベンダー向けの補助金」と捉えて諦めモードのITベンダーも出ている。このような状況だが、今回はこのようなベンダーでもIT導入補助金のメリットを享受し、少しでも売り上げ拡大につなげられないかと画策しているところである。

熊本のグループ化補助金(3)このグループも!?

熊本のグループ化補助金、第2回認定結果が出たようです。まずはお手伝いしたところは採択されたようで一安心です。
グループ名しかわかりませんが、名前だけでも「これ、あり!?」という斬新なものが...「マ○ドナルド・グループ」とかw
【グループ補助金】復興事業計画の認定結果(第2回)について / 熊本県

熊本のグループ化補助金(2)共同事業の効果

熊本出張の最終日。自社の補助金申請書も作り終わっていないというのに、異業種グループでの新商品作りの話が盛り上がっています。
私の事務的な話はそっちのけで、次にいつ集まるかとか、この事業をどこまで拡張できるかなどの話がはじめっています。

補助金がらみなので詳しいことは書けませんが、復旧・復興のための補助金だからこそ、「被災した設備を購入したらそれで終わり」ではなく、ここに参画した企業さんの復興を後押しできる枠組みを作らないと。

kumamoto

1 2 3 7