東日本大震災

情報発信

震災対応の施策一覧

震災関連の金融、労務などの施策を一覧化し、お取引先やコンタクトしたことのある方にお送りしました。 まずは、この範囲でできることから。
情報発信

ちょっとした贅沢

今日は雪解け水などのストックが多くなったので、贅沢に水を使う。 水洗トイレを流すのにバケツ半分の水を使って、「おお~、すごい贅沢!」と感じたが、これが復旧しつつある地域。 被災地はこのような状況にもなっていない。
情報発信

広報手段

ネットが使えない地域が多いのに、何かあると「HPに情報をアップしました」という行政。 通信が微弱でメールも困っている人が多いのに、「ツイッターで情報を」という人たち。 そのトラフィック、ちょっとやめてもらえれば、生存確認メールを送れる人...
情報発信

ネットへ接続

電話は通じないが、断続的にe-mobileでの通信ができるようになった。 携帯(通話・メール)は使い物にならないのでショートメッセージで安否確認などを行っていたが、やっと、メールが使えるようになった。
情報発信

生存の第1報

今日は仙台市内にある実家の様子を見に来ました。 自宅のインフラ、通信環境はダメですが、仙台市中心部は通信できる模様。 不在着信・メールも初めて受信できたので、ここまで連絡くれた人に生存の第一報。